アリゾナ州の男性は、ある噂を聞いた後、裏庭であるものを発見

家を購入することを考えるのは、いつでもわくわくする。それが初めてでも、10回目であっても周囲の環境が変わるということ、新しい場所に住むということになるのは、何かしら興奮するものだ。これからご紹介するのは、アリゾナ州トゥーソンで静かな生活を送りたいと家を探し、条件以上に良い物件に出会えた男性の話である。家を購入したことで、人生に変化をもたらした素晴らしい話をどうぞご覧ください。

通常の不動産取引

Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images
Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images

ジョン・シムスが、アリゾナ州トゥーソンの市街地近郊に新しい家を購入した時、彼は特に何か変わったことを期待していたわけではなかった。しかし、家に関する不穏な噂と、持ち前の好奇心のおかげで、この家の購入が彼の人生の中で最も驚くべき出来事になったのである。

その家を以前所有していた人に、裏庭に何かが埋まっていると聞いた。ジョンは、裏庭のどこかに埋められた、それが何なのか気になって、夜も眠れなかった。そこで、どうにかそれを掘り出して、謎を明らかにすることにしたのだ。では、ジョンの「数十年昔の謎の追求」の真相についてご紹介しよう。